【夏こそ補正すべし!】100円均一でOK、着物の涼しい補正パッドの作り方

夏は年々暑さが増して、着物を着るのも一苦労。

洋服のときでもできるだけ着る枚数を減らしたくなるもの。

そんな中、みなさま暑い夏に着物の『補正』してますでしょうか?

猛暑の夏にタオル巻き巻きにできるわけないじゃん!

 

そのお気持ちとってもわかります。

Meiji
Meiji

わたしは超暑がり&汗かきなので・・・

 

でも、暑がりの私が断言しますが、『夏こそ補正は重要です!!

補正のアイテムは着姿を美しくさせるだけではなく、汗取りの役割もあります。なので、汗かきさんこそ補正はした方が良いのです。

  • 夏の補正ってなんでしないといけないの?メリットは?
  • 夏の補正道具をリーズナブルに購入する方法は?
  • 夏補正と通常の補正って何が違う?

など、夏に着物を着るのに苦手意識をお持ちの方が試してみようかな。と思っていただける内容となっています。

▼『爽竹』の長襦袢でも体感温度も下げることができます。爽竹の長襦袢のレビューはこちらから。

▼通常の着物補正も100円均一で済ませられます。詳しくはこちらで解説しています。

スポンサーリンク

夏着物こそ補正が必要な理由を解説、メリット3つ解説!

夏は何を着ていても暑い!

それなのにさらに暑くなる補正もしなきゃならないの?!

と大ブーイングをくらいそうですが、夏に補正をするとこんないいことが…

夏に補正をするメリット
・汗を吸ってくれる
・半幅帯や浴衣姿が美しくなる
・柔らかい夏の帯が結びやすくなる
補正タオルなどの生地が汗を吸ってくれるのが一番のメリット。
費用がかかるので、夏に着物を着るたびに汗抜きに出すわけにはいきません。
それを防いでくれるのはこの補正にかかっている!
特に帯周りは布が何重にもなり密閉されるので汗を大量にかきやすいです。
その汗がダイレクトに長襦袢にしみてしまうと汗ジミ・黄ばみの原因に!
汗対策だけではなく他のメリットとして、補正をすると夏の着物の着姿も美しくなりますよ♪
夏は半幅帯をチョイスする機会が増えます。
Meiji
Meiji
浴衣に合わせたりカジュアルな夏着物と相性がいいですしね。
紫ちゃん
紫ちゃん

腰周りも名古屋帯でお太鼓結びよりも何倍も涼しい!

半幅帯は夏に大活躍する帯だね〜🌻

半幅帯の日こそ補正をするべき。

腰を補正タオルなどで平らにしないと、帯が下がってきたり、着付け後におはしょり部分がもたつきます。

また夏の帯って帯芯を入れていない帯や、柔らかい自然素材のものがあったりします。

こういったクタッとした素材の帯は何も補正を入れていないとお太鼓がふわふわでだらしなくなりがち…。

▼こんな感じでフワンフワン(笑)

お太鼓がたるみます

紫ちゃん
紫ちゃん

顔キメ顔やけど、帯めっちゃダサいで(笑)

補正をちゃんとすることで、この夏帯のたるみを解決できるのです。

どうでしょう、「夏でも補正しなきゃ損!」って思ってきましたか??

【生地に注意!】100円均一のタオルでOK、夏の補正にオススメな商品をご紹介!

夏の補正の重要性をお話してきましたが・・・

夏でも補正が必要なのはわかったけど、

・猛暑に補正タオルって耐えられる?

・夏の補正って高いんじゃない?

 

 

そんな疑問を持ってる方!

夏の補正は補正タオルの素材を考慮すればなんとか乗り切れます!

また補正道具を買わなくても100円均一などリーズナブルに済ませられます。

夏の補正として使うタオルはどんな点を考慮して選んだらいいのでしょうか?

夏の補正タオルはこれを選ぶべし!
・吸水速乾性のある生地
・目が粗く風通しの良い生地
・フェイスタオル or ボディタオルの長さ
※必要な枚数は3枚!
この条件3つを満たす、夏の補正に使えるタオルを、 Seria(セリア)ダイソー楽天で探してみました♪
こういったタオルがお家にある方はそれを使ってもらってOKです。
その中で夏の補正タオルとして、ベストバイな商品をご紹介します!

Seria(セリア)のガーゼタオルと綿麻タオルがオススメ!

Seriaさんはパイル地のタオルも豊富なのですが、夏の補正に最適な素材のタオルもありますよ♪

その中でも特におすすめな2点を紹介します!

■ガーゼタオル
目が粗く吸水性があるので、夏にはとっておきの素材。
補正なので表からは見えないけど、キュートな柄なのもウキウキしちゃいます(笑)
■麻&綿 ボディタオル
綿 50%、麻 50%のボディタオル。
ひんやりとするのに吸水性もあって、夏には心強い素材。
目もガッツリ粗くて涼しい!

ダイソーはクールタオルが超充実!涼しくてオススメです。

ダイソーさんは、ガーゼタオルももちろんあるのですが、ヒンヤリするクールタオルの種類が多い!
■クールフェイスタオル(無地カラー、UVカット効果、吸水力2倍
200円(税抜)なだけあって超優秀なんです!
水に濡らして振るとヒンヤリするタオル。
クールタオル(しろくま)
吸水力も抜群に良くて、速乾作用もあるので、夏の補正に最適です。

日常使いもしたいなら、楽天・アマゾンでまとめ買いがオススメ♪

楽天はキュートなガーゼタオルが多い!

補正だけでなくて日常使いもしたい方は、まとめ買いができるショップがオススメです。

■ムコタオル│2重ガーゼボーダーフェイスタオル

■タオルショップ ブルーム│ガーゼタオル フェイスタオル 6枚セット


 

ガーゼ・綿麻のフェイスタオルでつくる、夏の補正パットの作り方

タオルを用意していただいたら、次は補正パットを作ってみましょう♪

夏の補正で大事なことは『あれこれやりすぎない!』こと!

特に腰だけ重点的にしてその他は補正無しで快適にするのがオススメです✨

◆用意するもの

  • 先程紹介したタオル3枚
  • 胸元も補正したい方はガーゼハンカチ
    ※ズレてくるのが心配な方は針と糸も用意!

冬の補正でお話している補正の仕方にほぼ近いです。

ただ、夏用の補正でご用意いただいたタオルは生地がパイル地のタオルに比べると薄いです。

そこを考慮して補正パットを作っていきます♪

また通常バージョンの補正パットの固定にマスキングテープを使っています。でも夏は汗をかくと湿気で粘着力がなくなってしまいます。

固定しなくても何とかなりますが、補正パッドがズレていくのが不安な方は簡単に波縫いするだけでOK!

  1. タオルの長い辺を手前に置いて・・・
  2. 横に半分折る。※端はずらしてたたむ。
  3. さらに横に一度折ります。
  4. 縦に一回折りたたみます。 ⇒ このタオルを二個作ります。

5. この二個のタオルを3センチほどずらして置きます
※ズレが不安な方は👇写真の赤線部分を波縫い、本当にざっくりで大丈夫!!

6. 三枚目のタオルを広げ、中央に先ほど作った腰パッドを置く。
7. タオルを縦にたたむ
8. タオルの端を中央に持ってくる
9. タオルの端がまだ長い場合はもう一度折りこむ。
※中央に持ってきた部分を二か所波縫いします。こちらもザックリでOK!

完成~✨

このパットをインナーを着た後腰に当てます。

腰に当てたら、腰ひもを前から後ろを通って前で軽く結ぶ。

これで夏の補正は十分です。

Meiji
Meiji

私も夏はこれだけ!暑いので胸元補正はしていません♪

胸元も補正したい方はガーゼハンカチなどをインナーに縫い付けると汗も吸ってくれて、心配な方にはおすすめ!

まとめ│夏でも素材を選んで補正をしよう✨汗対策にもなるよ♪

夏はインナーから涼しいものにするのが、快適な着物ライフを送るコツです。

インナーの一部である補正パッドも夏仕様に変えましょう♪

もちろん補正用の道具を買わなくても、お家にあるタオルや100円ショップのタオルで全く問題ない!

その際は、ガーゼか麻の入った素材のタオルを選んでみてください♪

先ほど紹介した方法で簡単に補正パッドを作れば、リーズナブルに補正も済ますことができます。

夏もしっかり補正をいれることで汗も吸ってくれて着物を汚すこともないし、着姿も美しくなる!まさに一石二鳥😊

浴衣にも使える技ですので、ぜひお試しあれー!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました